FC2ブログ
抗菌アイテム蔓延の弊害
日常生活の何気ない場面で、私たちの健康が危険にさらされている可能性があると、ドーソンとシェルドンの両教授は指摘する。もちろん、個々の免疫力(高齢者や子供はリスクが高い)、病原菌の割合など、さまざまな要因によって危険度は変動するが、細菌の“拡散ルート”を知っておいて損はないという。
以上、Yahooニュース(クーリエ・ジャポン)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190101-00000003-courrier-sctch&p=2


最大のポイントは


かつては


皆無


だった


抗菌カテゴリーのアイテムが


世の中に溢れかえっているという現状です。


抗菌商品に


頼れば頼るほど


菌に対する抵抗力は弱くなります。


そうなると


その類の商品がますます売れるのです。


抗菌商品を供給する側は利益を得ますが


それを利用する人たちは


「菌に対する抵抗力」


という利益を失います。


日常生活では


わたしたちの身のまわりを


有害… 無害… を問わず


数えきれないほどの「菌」が


取り巻いています。


それらの「菌」を遠ざけるだけでは


良い状況にはなりません。


たとえば


子どもが


泥団子を舐めても… たんぽぽを口に入れても… 蟻を食べても…


それほど気にすることではありません。


避けるより


共存する。


これが進むべき方向です。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2019/01/09 23:18] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<日本生まれの世界標準は絵文字以外にも | ホーム | エスカレーターの乗り方問題>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/3161-fd61a467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (645)
政治 (273)
社会 (349)
スポーツ (340)
教育/学校/子ども (1389)
エンタメ (213)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!