FC2ブログ
同級生の親は日本語がわからないという問題/久留米市
 「子どもの同級生の親は日本語ができない。学校が配布するプリントは読めず、配慮が足りないのでは」。福岡県久留米市の女性(53)から、特命取材班にそんな声が寄せられた。
以上、Yahooニュース(西日本新聞)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00010000-nishinp-soci&p=1


「振り仮名を付けるだけでは配慮になっていない。理解できていないという現状を学校現場は理解してほしい」…?


確かに


親が日本語を理解できないと


学校との意思疎通に


支障がでます。


ですが


言葉の問題を


学校側でサポートするのは


限界があります。


日本語の補修授業等を


週1回程度実施…


これくらいの対応にとどまると思います。


外国人に日本語を教えるためのコストの予算は限られています。


日本で生活するなら


生活する本人が


自ら


日本語を


積極的に


学ぶべきではないでしょうか?


まわりの誰かがサポートしてくれるのを待っているだけでは


問題は解決しません。


厳しい意見かもしれませんが


ある意味


あたりまえのこと


ともいえます。


この問題を解決するためには


在留外国人が日常生活のなかで


まわりのサポートを受けながら


じぶんでも学び続ける。


これしかないと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/08/22 14:55] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<朝鮮戦争再開?/韓国が日本とのGSOMIA破棄 | ホーム | 進学校で起きた不祥事/生徒への暴言 教師間のいじめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/3394-b8b0cb05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (685)
政治 (294)
社会 (357)
スポーツ (354)
教育/学校/子ども (1453)
エンタメ (229)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!