FC2ブログ
学校生活のなかの人間関係づくり/自分の居場所は仲間関係のなかにあるのか?
小学校に入学した当初の美咲さんは、内気な子で、なかなか同級生にとけ込めませんでした。しかし、学年が上がるにつれて、休み時間を一緒に過ごしてくれる女子の友だちができるようになりました。
 中学校に入学後の美咲さんは、休まず登校していました。しかし、中学2年の5月の連休明けから、朝になると頭痛や腹痛を訴え、学校を休み出しました。そのため、お母さんと一緒に思春期外来を受診しました。
以上、Yahooニュース(読売新聞ヨミドクター)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/b867e328398e1f18172c9f7cf3cf2425c79db2ff?page=1


不登校となった本人に対して


母親は


「誰にでもあることよ。しっかりしなさい」


「どうしてそんな子と付き合うの?」


と軽くあしらった… 。


確かに


このような対応のしかたが


一般的なのかもしれませんが


言葉がけ


だけになると


問題解決に時間がかかったり


なにも解決しない


ということになります。


すべて本人にまかせて関知しない


というならそれでいいですが


なんとかしたい


と考えているなら


親の側から


動きのあるアプローチをしてみるのも一つの方法です。


たとえば


クラスメートの親と協力して


子どもたちがコミュニケーションをとれる「場」を


セッティングするのはどうでしょうか?


もちろん


学校外の活動として。


たくさんの子どもが参加しなくても


数人でも参加があれば


新しい方向性がみえてくると思います。


ただ


これをやるには


親の側に積極性と


ある程度のコミュニケーション能力が求められますが。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2021/04/05 23:52] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<学校生活のなかの人間関係づくり/自分の居場所は仲間関係のなかにあるのか?(2) | ホーム | 楽天の三木谷浩史氏が語る/「過去の常識が非常識になる」(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/3988-11928928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (860)
政治 (329)
社会 (419)
スポーツ (418)
教育/学校/子ども (1626)
エンタメ (291)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!