fc2ブログ
「うちとは方針が合わないので」「来ないでください」 福祉の辛すぎる“現実的問題”
共働きのため、子どもの就学と同時に預け先を探したが、自閉症で重度の知的障害がある吉村氏の子は、どこの学童保育からも断られて入れなかったという。そしてたどり着いたのが、障害を抱える子どもが自立した日常生活を送れるよう、支援を行う放課後デイサービスだった。
以上、Yahooニュース(文春オンライン)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/60762e67367413992b95968326f0eb5c36bfedb5?page=2


報道の内容をみて


ふと…


2年ほど前に発生した


福岡の保育施設の送迎バス内園児放置死亡事故が記憶から甦りました。


この事故では


日常的に運転者1名のみで複数の園児を送迎していた点が


批判されていたと思います。


しかし


放置されたのは「健常児」です。


今回の記事には


≪この事故の後に施設と改善策を話し合い、今後は添乗員を2名ですることなどを取り決めました≫


と書かれたところがありますが


送迎されていた子どもは


「障害をかかえている子ども」です。


であれば


送迎時は


要サポート状態にあります。


それなのに


障害児を複数人乗せて送迎している状態で


車内に


運転手しか乗車していないのは


極めて危険


といえます。


なにかあったら… どうするのでしょうか?


車内のこどもがパニックを起こして


ドアのロックを解除し


車外に投げ出される可能性もあります。


しかし


事故を起こした施設では


運転手のみの送迎が常態化していたのでしょう。


そして


≪送迎の際に運転手が運転中に受信したメールに気をとられ、そのまま送迎車ごとガードレールにぶつかるという事故≫が発生したことで


ようやく


あたり前のルール(送迎時複数の添乗員で対応する)をつくったのだと思います。


≪金のネックレスをジャラジャラつけて謝罪に来た運転手の横で、施設側の責任者が土下座している異様な光景≫


という記述に


放課後等デイサービスの闇を感じます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2023/11/26 23:08] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<保育園のママ友が「生活保護」受給者でした。 | ホーム | 「死にたい」訴える子ども、コロナ禍前の1.6倍>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/4953-6f4f20ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!