fc2ブログ
スウェーデンでは子供に教えるが日本では“言ってはいけない”
「努力は遺伝に勝てない」「子育ての苦労や英才教育の多くは徒労に終わる」など、日本において口にすべきでないとされがちな“不愉快な現実”がある。
以上、Yahooニュース(Book Bang)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/0df300b23ea08a1ff9ee6c14214d80ac3df5a1a8


まず


≪「ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない」≫


についてですが


指摘されるまでもなく


その通り


だと思います。


幸福になるようにデザインされているわけではないから


自分で人生をデザインしていく


ということですね。


ただ


良いデザインにするためには


良い家庭環境、経済的基盤が必要です。


これらが整っている上に


生得的な才能が加われば


人生がより良きものになっていく可能性が高まります。


しかし


まだ足りないものがあります。


それは


掲げた目標に対する本人の 


「努力」と


自分の才能への「気づき」です。


たとえば


運動部等に所属していない中高生のなかに


その本人の「才能」を感じることがあります。


具体的には


まわりの生徒と比べて


明らかに「身体のつくり(高身長、完成された骨格など)」が違うというケースです。


この場合


環境を整えて、本人が努力すれば


将来トップアスリートになれるかもしれません。


しかし


本人が運動に興味・関心が無ければ


もって生れた「才能」は開花しないのです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/02/13 23:05] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<【中学英語】「食べ過ぎて気分がよくない」英語でどう言う? | ホーム | 「信用を失墜させたかった」同僚のクラス生徒の成績表を流出させた疑い(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/5032-49a59f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!