fc2ブログ
「日本人がわれわれに合わせるべき」埼玉県の「クルド人問題」/学校教育
人口減少・少子高齢化に伴い、「移民」政策の必要が叫ばれて久しいニッポン。しかしこの島国で、「多文化共生」は実現できるものなのだろうか。
以上、Yahooニュース(デイリー新潮)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/11be9ed347f37dbce636f4795989e57c6aa143a2


記事には


≪学校に行かず、クルド人社会で生きていると日本の習慣を学ぶ機会がなく、いずれアイデンティティーの問題にぶつかる。そうしたことも非行に走る背景にある。≫


と書かれたところがあります。


気になるのは


「学校に行かず」


という部分です。


このようなケースが増えていくと


小学校等で


外国人児童向けの日本語指導を行っても


効果が期待できなくなります。


また


(クルド人やその他の外国人が)学校に来ない


となると


日本人の子どもとコミュニケーションをとる機会が


大幅に減ります。


こうした事態は


日本人と外国人のあいだに


様々な面で


軋轢を生む可能性があります。


はっきりしているのは


今後


これまで以上に


日本で生活する外国人が増えてくる


ということです。


であれば


「多文化共生は不可能」


と決めつけてしまうのではなく


どうすれば


共生できるのか


その対策を考える必要があります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/02/20 23:03] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<「日本人がわれわれに合わせるべき」埼玉県の「クルド人問題」/学校教育(2) | ホーム | 「海外留学までさせて、結局これかよ….」高学歴の毒親が「子供に本心を見抜かれた時、起きたこと」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/5039-f7a56f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2613)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!