fc2ブログ
なぜ「PTA」上部組織からの「退会」を決断したのか? 保護者の負担増加で"本末転倒"の声
子どもたちの健やかな成長のために、小学校の保護者や教員などで構成される任意団体「PTA」。小学校単位や県単位などで構成される連合会や協議会が存在しますが、学校単位のPTAが上部組織から退会する動きが進んでいます。
以上、Yahooニュース(BSS山陰放送)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/125b701bbf4d45d5cd1690d7360f7cdc838ceaa6


アメリカに起源をもつPTAの歴史をみると


児童愛護や教育環境の整備


といった考えかたに辿りつきます。


日本においては


敗戦後の占領下という状況のなかで


戦勝国であるアメリカ側から


教育の民主化に関するさまざまな指令や勧告が発せられました。


PTAについては


1946(昭和21)年3月に来日したアメリカ教育使節団の報告書で


「教育委員会の教育長は、児童生徒の福祉増進および教育計画の改善のために、父母と先生の会に激励を与える義務を有する」


などの提言を受けて


PTAの設置がはじまり


さらに


文部省がPTAの設置を奨励したため


全国にこの動きが広がりました。


しかし


日本の学校教育の現状をみると


PTAという組織に


疑義の目が向けられるようになってきています。


PTA活動を運営することによって


「子どもと接する時間がなくなっていく」のであれば


活動内容を精選したり


組織に対する考え方を


根本的に変える必要があります。


そもそも


PTAの結成や加入について


それを義務付けるような法的規定は存在しません。


以上から


学校や地域の実態に即した改革が求められています。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2024/02/26 23:02] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<日本人はなぜ勉強しなくなるのか?「世界最高の子供」が「低レベルの大人」になるワケ | ホーム | いわゆる「Fラン」大学に通うか、高卒で働くかで悩んでいます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/5045-e6f3eaa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2611)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!