fc2ブログ
子どもに「パンダ」と命名した日本の親
2012年1月21日、人民網日本語版によると、日本では先ごろ、日本人の様々な名前を紹介する番組が放映された。
以上、Yahooニュース(Record China)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120121-00000022-rcdc-cn


子どもはある意味かわいそうですね。


親を選ぶことができないのと同時に、自分の名前も自分で決めることができないのですから。


だからこそ、あえて言いたいのは「子を持つ親は、自分の子の育てかたに責任をもたなければならない」ということです。


今回の記事は、社会的にみて不適切と思われる名前を子につける、という話題ですが、これについても「親が決めたのだからいいだろう…」という考え方はおかしいと思います。


ところで、記事には「菊池さんという男性」「2010年に生まれた息子」「菊池大熊猫(パンダ)」とか書かれていますが、これって…問題ないのでしょうか?


…個人情報ですよね。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       



スポンサーサイト



[2012/01/22 16:38] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<高校・大学進学にかかる平均費用 | ホーム | 「総合こども園」15年度開始決まる?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sh555.blog130.fc2.com/tb.php/617-6cd2328e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2610)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!